家族葬って何?その他のお葬式の種類とは?

家族葬とはその名の通り、親族や身内などごく内輪で行うお葬式です。家族葬の参列の有無に正解や不正解はありませんが、場合によっては親族以外に故人ととても親しかった人たちが参列することもあります。同じように参列者の範囲が限定されるお葬式に密葬が挙げられますが、家族葬と密葬では明確な違いがあります。密葬も家族葬同様に参列者は親族や身内など一部の限定された範囲からとなりますが、大きな違いは後日改めて本葬が行われる点です。芸能人や会社の会長や社長など役員クラスの方たちのお葬式で、耳にしたことがある方もいるでしょう。この場合、まずは親族などで密葬が行われ、後日大規模な社葬や本葬が別途とり行われます。最近では本葬という名称にこだわりを持たず、お別れ会や偲ぶ会といった呼称で本葬をとり行う場合も多くみられます。

その他のお葬式の種類として最近耳にする機会が多くなってきたものの1つに、1日葬があげられます。これは通常行うお通夜を省略し、お葬式や告別式、初七日法要といったもの全てを1日で行ってしまうものです。時間的拘束や不必要だと思うものを極力省略した、まさに現代版のお葬式と言えるでしょう。しかし、通常はお通夜とお葬式の2日間参列するチャンスがあるのに対し、1日葬はお葬式と告別式の1日限定となってしまうので、参列したくても日にちの調整が困難であったり、昔ながらの流れとあまりにも差異があるために、年長者の理解を得にくいなどのデメリットが見え隠れする一面もあります。

さらにお葬式と告別式の両方の儀式を行わず、火葬のみを行う形式のお葬式を火葬式や直葬と呼びます。この場合、本当に少人数の身内だけでとり行う場合がほとんどで、宗教にこだわりのない方や、できるだけお葬式に費用をかけない方針を持っている方が多く選択する傾向があります。どの形式のお葬式を選択するのかは人それぞれですが、故人の遺志を尊重しながら、家族のかたちやかけることができる費用等を検討しながら最適なプランを判断することが大切です。