家族葬のメリットと訃報の通知について

現代の私たちの生活スタイルや家族のかたちを考慮して生まれたのが家族葬です。その家族葬が増加しているということは、それだけメリットがあるということを意味しています。この家族葬のメリットや一般的マナーについて少し触れたいと思います。

まず最大のメリットとして考えられるのが費用面です。家族葬は故人と縁の深かった人だけの参列となるので、参列者の数が限定されることにより、借りる会場の大きさも小さいものですみ、返礼品や食事など用意しなければならない品物も少なくてすみます。その分コストがかからず、必然的に金銭的負担の軽減に繋がります。2つ目のメリットとしては、心理的なことがあげられるでしょう。参列者は親族やごく親しい間柄の気心の知れた人たちなので、余計な気を遣うことが少なく、精神的負担の軽減が可能となります。大切な人が亡くなった事実を受け止めるだけでも相当なストレスがかかっている中、参列者に対しての心理的負担を軽くすることが可能な家族葬は、この点でも一般葬とは違うメリットを感じられます。そしてこれら参列者を限定することで得られるメリットがある一方で気をつけなくてはならないのが、お葬式に参列しない故人と生前親交のあった人たちへの配慮です。家族葬の大きな特徴でもある参列者の選択は、遺族側を悩ませる一面でもあります。どこまでの範囲の人たちに訃報を知らせるかは、最終的には喪主が決めることですが、その際迷うのであれば故人の立場に立ってみて、最後に会いたいかどうかを基準にしてみてもいいかもしれません。

そして通常家族葬を行う場合、参列して欲しい人以外には訃報を知らせません。その際忘れてはいけないのが、訃報を知らせなかった人たちに対する挨拶状です。この挨拶状では逝去の日付や親交に対する感謝を伝えるとともに、お葬式は近親者のみの家族葬で済ませたことをきちんとお伝えすることが重要です。そのほかにも喪主はお葬式の内容を細かく決めたり、参列者の弔問を受けたりと多くの役目があります。喪主という特別な役割は一生のいちに何度も経験するものではありません。そのため初めてのことや分からないことが多くあると思います。そのような時はお葬式のプロである葬儀社に遠慮なく相談することが大切です。何よりも重要なことは滞りなくお葬式を遂行し、参列者全員が故人と心からお別れを行えることです。大事な人を思う気持ちを後悔することなく表現できるような、あたたかいお葬式を行いたいものです。